成年後見人の職務

成年後見制度は、精神上の障害や病気や事故などによる脳機能障害などがあって、本人医十分な判断能力がないと認められる際に、本人を保護、援助するために平成12年4月から施行されるようになった制度です。成年後見人は家庭裁判所に申し立てて選任されることになります。成年後見人に選任されると、まず行うのが、本人の財産や収入の把握、医療費や税金などの支出の見積もりです。それを基にして、長期的なスパンで医療看護の計画や収支予算を組みます。本人は、判断能力が著しく低下し、重度の身体的、精神的障害を抱えている場合があるため、介護サービスや診療の契約、施設の入退などに関わる法律行為も行います。

成年後見人の大切な職務として財産管理があります。後見人に選任されたあと、1ヵ月以内に、本人の財産を調査し、財産目録を作成して家庭裁判所に提出することが義務付けられています。また、金銭出納帳に支出入をきちんと記録し、領収書なども整理、保管しなければなりません。成年後見人を選任した家庭裁判所には、後見人を監督する権利があり、本人の利益が守られているかどうかについて、定期的または随時、財産管理の状況などについて報告を求めたり、調査したりすることができます。